白斑の症状と治療法|江東区東砂の皮膚科 まるやま皮膚科クリニック

皮膚科、アレルギー科

〒136-0074 東京都江東区東砂7-19-13 ベルコモン南砂301
TEL 03-5632-2077

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  尋常性白斑(しろなまず)

尋常性白斑(しろなまず)

尋常性白斑とは

白斑とは皮膚のメラニン色素が減少し,その結果,健康な皮膚と比べて色調が薄く白くなった状態を言います。白斑には,メラニン色素が全くなくなって真っ白な状態となった完全脱色素斑と,メラニン色素がある程度残存しているが健康な部分よりも色調が白っぽくなった不完全脱色素斑があります。
白斑は様々な原因で生じ,原因となる疾患は多数に及びます。身体の一部に限局した白斑としては,「脱色素性母斑」と「尋常性白斑」の二つが代表的な疾患となります。「脱色素性母斑」は,生まれたときから存在する不完全脱色素斑で,その部位,形,大きさなどは,生涯にわたって変化することはありません。一方の「尋常性白斑」は,小児から成人まで様々な年齢において突如として発症する白斑で,初期には不完全脱色素斑ですが,進行とともに完全脱色素斑となります。「尋常性白斑」は身体のどこにでもできることがあり、大小様々な形で症状があらわれます。発症のピーク年齢は10代~30代といわれています。外来患者さんの1%~2%に見られる一般的な疾患です。

尋常性白斑の原因

尋常性白斑の根本的な原因が何であるのか,ということはまだ明らかにされていません。しかし,メラニン色素を作る細胞に対して生じた一種の自己免疫反応(本来は体内に侵入した異物を排除するための免疫システムが誤って自己の組織を攻撃すること)とするのが,現在では一般的な理解となっています。尋常性白斑の悪化・誘発因子として,過剰な紫外線の曝露,摩擦・外傷・熱傷といった皮膚の損傷などがよく知られています。

尋常性白斑の症状

尋常性白斑には,痛み・かゆみなど自覚症状はなく,周りの人に感染することもありません。生命を脅かす疾患ではありませんが,顔面,四肢露出部などに発症した場合には,整容的に大きな問題となり,精神的ストレスや悩みがたいへん大きく,自己肯定感が損なわれるなど,決して軽々しく捉えることはできない疾患です。
尋常性白斑とよく似た症状を呈する疾患として,黒子の周囲が白斑となるサットン母斑や,高齢者の露出部に点々と発症する老人性白斑などがあります。

<サットン母斑>

サットン母斑はホクロ(色素性母斑)を中心として円形に拡がる脱色素斑で、進行するとホクロそのものまで白くなって縮小していきます。原因となった中心部のホクロを除去すると改善する場合があります。

<老人性白斑>

老人性白斑は、老化現象の一つで,通常の白斑と比べてはっきりとした白色ではなく、ぼやけているのが特徴です。30代以降に発症し1cm以下の大きさのものが多く、老化によるメラノサイトの減少が原因です。

尋常性白斑の検査と診断

尋常性白斑は,問診と皮膚の視診により診断します。ダーモスコピーを用いて病変部を観察し,診断の助けとすることもあります。甲状腺疾患や他の自己免疫性疾患の合併が疑われる場合には,血液を採取するなどして詳しい検査を実施することもあります。

尋常性白斑の治療

尋常性白斑は、有効な治療が限られており,たいへん治りにくい疾患です。また,治療の効果にも大きな個人差があります。一般的に治療開始から効果を実感できるまでには約半年はかかるといわれています。
治療には主にステロイド外用剤を用います。範囲が少ない白斑に対しては有効性が認められており、また費用面でも患者さん負担の軽い方法ですので始めやすく続けやすいというメリットがあります。範囲が大きい白斑やステロイド外用剤に反応の悪い白斑においては,ナローバンドUVBをもちいた光線療法があります。週に1~2回,専用の機械を用いて,特殊な波長の紫外線を患部に照射する方法で、手足には効果がでにくいものの,顔面では高い効果が期待できます。色素が再生してくると,最初はかえって色調の濃さが目立つことがありますが時間の経過とともに馴染んでいきます。

尋常性白斑の日常生活上の注意

尋常性白斑の悪化・誘発因子と考えられている紫外線から肌を守るようにしましょう。過剰な紫外線の曝露は他の皮膚疾患にも影響を及ぼします。有効な紫外線対策をとることで光による皮膚老化や他の皮膚疾患の予防にもつながります。
尋常性白斑は,罹患した患者さんにとって精神的な苦痛のとても大きい疾患です。様々な治療法がありますので、あきらめず早めに当院にご相談ください。